さくらの歌〜日本人が大好きな“桜ソング”にまつわるエトセトラ

未分類
この記事は約6分で読めます。
Pocket

さくら(独唱)/森山直太朗


さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命(さだめ)と知って
さらば友よ 旅立ちの刻(とき) 
変わらないその想いを 今


今年もそろそろ桜の開花が発表される時期となりました。
いよいよ春本番ですね!
東京では3月末〜4月初旬にかけて見頃を迎えるところが多く、桜の名所はどこも花見客で賑わいを見せることだろう。
春の息吹を感じその到来が近づくにつれ、思わず口ずさんでしまう歌がある人も少なくないはず。
J-POPにおいて“桜ソング”というジャンルが定着したのはいつ頃からなのだろう?
なぜこれほどまでに日本人の琴線に触れるのか?
この季節になると、テレビやラジオ番組などさまざまなメディアを通して「桜」をテーマとした楽曲がフィーチャーされる。
昔から「桜」を歌った曲は多数あったはずだが、歌謡曲のジャンルとして“桜ソング”が広く世間に定着しはじめたのは、今から十数年前のことだという。
そのイメージを決定づけた歌が、2000年4月にリリースされた福山雅治の「桜坂」だった。
同作は、この年の年間シングル売上ランキング2位となる228万枚以上を売上げ(オリコン調べ)、以降、毎年のように桜にまつわる楽曲が発表されるようになった。
2000年代中盤にかけて、森山直太朗の「さくら(独唱)」(2003年3月発売)やケツメイシの「さくら」(2005年2月発売)、コブクロの「桜」(2005年11月発売)など、いまや王道となった上質な桜ソングが次々と誕生し、軒並み好セールスを記録。
“桜ソング”自体のブランド感もより高まり、その後も多くのアーティストが同様のテーマで楽曲を発表した。
例えば、いきものがかりが「SAKURA」(2006年3月発売)でメジャーデビューを鮮烈に飾ったり、AKB48が毎春“桜ソング”のリリースを恒例としている。
obj06

「桜」が日本人の心を掴んでやまないのは、なんといっても開花から散り際、昼間と夜、その一瞬一瞬を楽しませてくれる“刹那的な美しさ”があるからだろう。
この花が脚光を浴びはじめたのは…さかのぼること平安時代。
『古今和歌集』や『源氏物語』といった書物の中に度々登場したり、俳句などの季語としても馴染みが深かったりと、その美しさは時代を超えて人々を魅了し、眺める者の感性を刺激してきた。
親しみという点では、日本の紙幣や硬貨のデザインとして使用されていることからもわかるだろう。
そして「桜」を愛でる習慣があるのは、今や日本だけに限ったことではないという。
米国・ワシントン、オランダ、ロンドン、韓国、台湾などの諸外国でも多数の桜が植樹され、シーズンには息をのむ美しさを誇っているらしい。
いずれ海の向こうでも“桜ソング”が定着する日が来るかもしれない。
f4f828ab7492d3

──それは2003年の春から初夏にかけて起きた出来事だった。
森山直太朗がブレイクするきっかけとなった2ndシングル「さくら」が3月5日にリリースされた。
元々この「さくら」は、彼のデビューミニアルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』に、バンドアレンジとして収録されていたものをピアノ独唱バージョンとしてシングルカットされたものであった。
初回プレスが約1200枚だったのに対し、売上累計では120万枚を超えるミリオンセラーとなり、森山直太朗にとっても最大のヒット曲となった。
オリコンチャート初登場の段階では80位。
その後徐々に順位を上げていき、登場5週目でTOP10入り、登場9週目にして首位を獲得した。
発売から9週以上かかっての首位獲得は男性ソロアーティストとしてはKANの「愛は勝つ」(16週目)以来、13年ぶりのことだった。
シングルCDのリリース時に、このバージョンとは別に“合唱”が収録されていたため、区別を明確にするため「さくら(独唱)」とトラック名がつけられた。
さくら(合唱)/森山直太朗


さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散る道の上で


【森山直太朗 オフィシャルサイト】
http://naotaro.com

森山直太朗『さくら』

森山直太朗『さくら』

(2003/ユニバーサルJ)

こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動(公演スケジュール)です♪
全国で弾き語りライブを展開しながら、オリジナル楽曲に加え、TAP the POPでご紹介した楽曲なども(ちょっとした曲解説をしながら)カヴァーして歌っております。
コラムをご愛読いただいている皆様のご来場を心よりお待ちしております。
体験型TAP the POPを是非お楽しみに下さい♪


【山善×佐々木モトアキ ダブルネーム弾き語りTOUR “ちょっと長い関係の歌旅2020”】
■2月28日(金)福岡 Bassic.  
■2月29日(土)札幌 Beggars Harlem 
■3月1日(日)秋田 カウンターアクション 
■3月2日(月)岩手(二戸) HOUSE OF PICNIC  
■3月4日(水)東広島 pasta amare  
■3月13日(金)柳川 Swing Bar Django 
■3月14日(土)熊本(八代) bar 7th chord 
■3月15日(日)行橋 Rock ‘n Roll Bar Memphis
■3月19日(木)高知 A’bar
※高知公演は延期となりました。
振り替え公演の日程・場所は、後日発表させていただきます。
■3月20日(金・祝)下北沢 Laguna
■3月22日(日)新潟(三条)Gallery Bar Veronica
■3月23日(月)福島 AS SOON AS  
■3月24日(火)仙台 HIGHBURY
■3月26日(木)静岡(御前崎) Cook House椿
■3月27日(金)大阪 新世界ヤンチャーズ
■3月28日(土)三重 COUNTRY HOUSE
※三重公演は中止となりました。
振り替え公演の予定はありません。
■3月29日(日)名古屋 ROLLINGMAN  
 
↓チケットご予約&公演詳細はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12542886703.html


【佐々木モトアキ独り唄いTOUR“歌ものがたり2020”春夏】
■4月25日(土)群馬(渋川) Casa Midori  
■4月29日(水・祝)神奈川(藤沢) 海と人と音楽をつなぐイベント〜シラおん〜
■5月15日(金)久留米 農と音  
■5月16日(土)福岡 ROCK食堂 
■5月17日(日)大分(日田) Music Bar Sugar Sugar
■5月19日(火)小郡 ジラソーレ 
■5月30日(土)新潟 Mush
■5月31日(日)新潟(長岡) RADIO
■6月13日(土)名古屋 喫茶ニューポピー
■6月14日(日)静岡(浜松) 地中海料理Selfish
■6月20日(土)東京(高円寺) MOONSTOMP
■6月26日(金)京都 Bar USAGI
■6月27日(土)和歌山 OLD TIME 
■6月28日(日)岡山 1369
■7月3日(金)福岡 BASSIC ROCK FES. 2020〜前夜祭〜
■7月4日(土)行橋 Rock ‘n Roll Bar Memphis
■7月5日(日)熊本(八代) bar 7th chord 
■7月18日(土)岩手(二戸) HOUSE OF PICNIC
■7月19日(日)秋田(能代) ハックルベリー 
■8月22日(土)大阪 新世界ヤンチャーズ
■8月23日(日)徳島 デラシネ 
■8月24日(月)東広島 pasta amare
■8月28日(金)福岡 Bar KINGBEE
■8月29日(土)大牟田 陽炎
■8月30日(日)佐賀 417〜Que Sera ,Sera Vol.3〜
↓チケットご予約&公演詳細はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12576468028.html

The post さくらの歌〜日本人が大好きな“桜ソング”にまつわるエトセトラ appeared first on TAP the POP.

コメント

タイトルとURLをコピーしました