ブルース・スプリングスティーンとクラレンス・クレモンズ〜永遠のミッシング・リンク

未分類
この記事は約3分で読めます。
Pocket

ブルース・スプリングスティーンの自伝的作品「Tenth Avenue Freeze-Out」(『Born To Run』収録)にはこう歌われている。「ビッグ・マンがバンドに加わって、転機が訪れた」と。
ブルースとザ・ビッグ・マンことクラレンス・クレモンズの出会いは今や伝説だが、クラレンスは半分は作り話と認める愉快な自伝『Big Man』で、これこそが真実とする話を語っている。1971年9月の運命の夜、彼はブルースの出演していたクラブに行った。

「雨が降って風が強い日だった。俺が扉を開けたら、それが蝶番から外れて、道路の方へ飛んでいった。バンドは舞台上で演奏中だったが、入口の枠の中に立つ俺をじっと見た。それがブルースをちょっと不安にさせたんじゃないかな。だって、「君のバンドと一緒に演奏したい」と言っただけなのに「もちろん、何でもやりたいことをやってくれ」と言ったからね。
最初にやった曲は「Spirit In The Night」の初期のヴァージョンだった。ブルースと俺はお互いを見て、一言も言わなかったけど、俺たちがお互いの人生に欠けていたミッシング・リンクだとわかったんだ。彼は俺がずっと探していたものだった。やせた小柄な若造にすぎなかったけど、彼には将来を見通す力があった。彼は自分の夢を追いかけたかった。そのときから俺は歴史の一部になったんだ」


クラレンスの力強いサックス演奏はEストリート・バンドのサウンドを決定づけたが、その巨体の存在自体も同じく重要だった。1970年代には、黒人メンバーが白人のリーダーと対等に絡むロック・バンドはありえなかった。
だから、2人が演奏と舞台上の動きで表現する人種を超えた友情と信頼の絆は、公民権運動からまだ日の浅いアメリカに強いメッセージを発した。大ヒット・アルバム『Born To Run』のカヴァーをブルースがクラレンスに寄りかかる写真が飾った意義は非常に大きかったのだ。
2011年6月にクラレンスは脳卒中で倒れて帰らぬ人となったが、ブルースは感動的な弔辞の中で、自分たちの重要な仕事を「僕らの(人種を超えた)友情がそれほど例外的ではない類の場所を作った」と表現し、「その仕事はまだ完成していない」ので、「次の人生でこの道の先で、また会おう。そこで僕らは再びその仕事を始めて、やり遂げるんだ」と亡き親友に呼びかけた。
2012年3月から始まった「レッキング・ボール・ツアー」では、最後に「Tenth Avenue Freeze-Out」が演奏され、「ビッグ・マンがバンドに加わって~」の箇所で演奏が止められ、クラレンスの映像がスクリーンに映し出された。
毎晩繰り返される演出にもかかわらず、観客と一緒にその映像をじっと見つめるブルースの姿には、「クラレンスは死んでもEストリート・バンドを去りません。彼がバンドを去るのは僕らが死ぬときです」が心の底からの言葉だと思い知らされたのだ。
Born To Run





220px-Borntorun

ブルース・スプリングスティーン
『Born to Run』

詳細/コメント

51icry487-l-_sx344_bo1204203200_

『ボーン・トゥ・ラン:ブルース・スプリングスティーン自伝』
*このコラムは2014年7月26日に初回公開されました。

The post ブルース・スプリングスティーンとクラレンス・クレモンズ〜永遠のミッシング・リンク appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました