救いの歌〜二人のカリスマの出会いと死

未分類
この記事は約6分で読めます。
Pocket

♪「Redemption Song」/ジョニー・キャッシュ&ジョー・ストラマー



【ジョー・ストラマー命日・トリビュートコラム】
2002年4月、ジョニー・キャッシュはロサンゼルスにあるリック・ルービンの自宅スタジオにいた。
プロデューサーのリックは、のちにジョー・ストラマーの遺作となったアルバム『Streetcore』に収録された「Redemption Song」と「Long Shadow」(ジョーがジョニーに奉げた歌)の2曲をそこで録音した。
かつてボブ・ディランがそうだったように、ジョニー・キャッシュの前では「パンクのカリスマ」と言われたジョー・ストラマーも、無邪気な子供のようだった。
リックもまた、目を輝かしながら当時のレコーディングを振り返って貴重なエピソードを語っている。
「ジョーは、ジョニーが録音している時はいつもやって来て、スタジオの周りをウロウロしていて楽しそうだった。まるでここに最高のビリヤード台を見つけたかのようにね。」
「俺がいない時、ジョーはフェンスを登り越えて入ってきて、俺が帰宅するとちゃっかりそこに居るんだよ!俺たちは床に横になり、隣の部屋で歌っているジョニーをガラス窓越しによく覗きこんだんだ。」
「ジョーはエキサイトしていたけど、今まで見た中で一番物静かだった。学校にいる生徒みたいにね。」
それはジョニー・キャッシュとジョー・ストラマーという世代を超えた反逆のカリスマの奇跡的な出会いだった。
リックの勧めでレコーディングセッションをする事になった二人は、
1980年にボブ・マーレィが発表した「Redemption Song」(救いの歌)を選んだ。
救いの歌を遺した二人のカリスマ
「このセッションを通じて、ジョニーとジョーは瞬く間に友達になったんだよ」
とリックは当時を振り返る。
彼等がこの世を去る直前に“贖罪”の意味を含む「救いの歌」を歌い遺した事にどんな意味があったのか?
十年後…二十年後の世界を生きる僕らは、この歌声から何かを感じとらなければならない。
彼等がそうであったように“行動”しなければならない。
そして、明日への希望を繋いでいかなければならない。

囚われた精神から自らを解き放とう
俺達の心を解放できるのは俺達しかいない
何も出来ずに傍観している間に
どれだけ予言者は殺されるのか?
一緒に歌ってくれないか? この自由の歌を


JohnnyCash-Unearthed
『Unearthed』/ジョニー・キャッシュ(2003/American Recordings)
(二人の歌声「Redemption Song」が収録されたジョニーのBOXセット・アルバム)
2002年12月22日、ジョーは天国へと旅立った。
先天性の心臓疾患による心臓発作だった。享年50。
「ジョーは素晴らしく良い奴で、優れたミュージシャンだった。」
70歳を迎えたアメリカを代表する反逆のロッカーは、イギリスから来たパンクロッカーの訃報を受けてMOJO誌に短くコメントを残した。
そして翌2003年9月12日、ジョニーも旅立った。
糖尿病の合併症による呼吸不全だった。享年71。
strumcash
こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。


【佐々木モトアキ×山口ヨシトValentine’s Day Special Round 2021 佐賀〜大分】
2月13日(土)佐賀RAG.G
2月14日(日)大分(中津)ちょいWARUうさぎ
↓チケットご予約&公演詳細はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12641183842.html


【佐々木モトアキ 独り唄いTOUR“歌ものがたり2021”初春 in 北九州】
2月17(水)八幡DELSOL cafe
↓チケットご予約&公演詳細はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12641184899.html




【山部“YAMAZEN”善次郎×佐々木モトアキ ダブルネーム弾き語りTOUR
“ちょっと長い関係の歌旅2021”】

2月20日(土)福岡 Bassic.  
2月21日(日)札幌 Beggars Harlem 
2月22日(月)秋田 カウンターアクション 
2月23日(火・祝)岩手・二戸 HOUSE OF PICNIC 
2月25日(木)仙台 ホームラン酒場 
2月26日(金)山形 ヱレキ酒場オリハント
2月27日(土)新潟 Live Bar Mush
2月28日(日)下北沢 Laguna(限定20名入場可+配信ライブ)
3月12日(金)久留米 農と音
3月13日(土)熊本・八代 7th chord 
3月14日(日)大牟田 陽炎
3月16日(火)行橋 Memphis
3月18日(木)東広島 pasta amare  
3月19日(金)大阪 新世界ヤンチャーズ
3月20日(土)静岡・御前崎 Cook House椿
3月21日(日)名古屋 ROLLINGMAN
4月8日(木)長崎 R-10 
4月10日(土)和歌山 OLD TIME
4月11日(日)所沢 音楽喫茶モジョ 
4月12日(月)横浜 Bar Take’s
4月15日(木)小郡 ジラソーレ〜8周年記念スペシャルライブ〜
4月16日(金)愛媛 スタジオOWL
4月17日(土)徳島 デラシネ
4月18日(日)高知 A’bar
4月21日(水)福岡 Bassic.(限定15名入場可+配信ライブ+TOUR総括スペシャルトーク&スライドショー)
↓チケットご予約&公演詳細はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12634659162.html



新作ミニアルバム『You』のタイトルナンバー「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-11970078472.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post 救いの歌〜二人のカリスマの出会いと死 appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました