カントリーロード〜70年代のアメリカを代表する大ヒットソングの誕生秘話

未分類
この記事は約9分で読めます。
Pocket

誰もが一度は胸に抱く都会への憧れ。
進学、就職、または夢を追いかけて…故郷から旅立ってゆく人々。
その多くの者達が、ある時期必ず想うことがある。
「故郷へかえりたい!」
70年代、そんな望郷の想いを歌ったアメリカの楽曲が大ヒットした。
オリビア・ニュートン=ジョンのカヴァーよって日本でも広く知られることとなったその歌は、世界20カ国以上の国々で愛され、イギリスでは“ドライブの時に聴きたい歌”のナンバーワンに選ばれているという。


カントリーロード 僕を連れていってよ
僕が育ったあの場所へ
ウェストバージニアの母なる山々へ
僕を連れていってよ カントリーロード


通称「カントリーロード」として知られているこの「Take Me Home, Country Roads(邦題:故郷へかえりたい)」は1971年に発売され、ビルボードで全米2位を記録した大ヒット曲である。
70年代のアメリカを代表曲するフォーク&カントリーソングとして親しまれ、歌詞に繰り返し“ウェストバージニア”が登場することから、2014年にはウェストバージニア州の4番目の州歌となった。
そんな「カントリーロード」は、いったいどんな風に誕生したのだろう?
それは1970年の出来事だった。
ジョン・デンバーはシンガーソングライターとして崖っぷちに立っていた。
前年にRCAから念願のソロデビューを果たしたものの、鳴かず飛ばずのまま契約のリミットを迎えようとしていた。
「カントリーロード」と言えば、ジョン・デンバーの大ヒット曲として一般的に知られているが、彼が一人で作詞作曲したのではなく、作詞にビル・ダノフ、作曲にはタフィー・ナイバートがそれぞれ共作者としてクレジットされている。
当時ビルとタフィーはワシントンDCにあるジョージタウン大学の学生で“ファット・シティ・バンド”というバンドを組んで小さなライブハウスで歌っていた。
数枚のレコードも発表していたけれど、ジョンと同じくヒットには恵まれていなかった。
彼らの将来性を見込んだプロモーターが、ある日「男女2人組のアコースティックデュオとなってジョン・デンバーのライブの前座をしないか?」と声をかけた。
それがきっかけでジョンとビルとタフィーは一緒に仕事をする仲となる。
3人で各地をまわる生活を送る中、ある日、ビルのもとに1通の手紙が届く。
それはウェストバージニア山脈に住むビルの友人からものだった。
ビルは、手紙を読みながら曲想を思いついたのだという。

天国のような ウェストバージニア
ブルーリッジ山  シェナンドー川
木々が生えるよりも昔から
山々の歴史にはかなわないけど…
まるでそよ風のように人々は昔からそこで暮してきた


ビルとタフィーは、それまでしてきたように2人のコンビネーションで曲を完成させようとしてのだが、一ヶ月経っても納得のいくものができなかった。
当時、彼らはコンサートの後には興奮して夜も眠れない昼夜逆転した暮らしをしており、夜明けまで起きていることが日常だったという。
ある日の明け方、2人はジョンに作りかけの曲を歌って聴かせ、まだ完成にいたっていないことも伝えた。

雲に隠れた小さな丘の山の上
ピンクと紫のウェストバージニアの農家が見える
裸の女とキリストに似た男たち
そしてポンチョという犬が
ネズミをもて遊んでいる


その2番の歌詞は、ちょうど60年代にアメリカで流行していたヒッピーのファッションや生活ぶりを描いたものだった。
ジョンは「歌詞がラジオ向きではない」と指摘し、2番部分の書き換えと、主人公の心情に迫る大サビを付け加えることを提案した。

その朝 僕には聴こえたんだ 
彼女(母なる山々)が僕を呼ぶ声が
ラジオから聴こえる音は 僕の心をあの場所まで運んでくれる
はやる気持ちで車を飛ばしながら僕は思った
ああ どうして僕は昨日まであの故郷へ帰ろうとしなかったんだろう 


ジョンの書き換えによって歌詞の世界観は、多くの共感を呼ぶものへと一変した。
こうして一晩のうちに出来上がった新曲「カントリーロード」を、ジョンは翌日のライブのアンコールで披露した。
もちろん楽曲の原案者であるビルとタフィーをステージに呼び込んでのサプライズ的なセッションだった。
すると、初めて観客の前で歌う曲だというのに、客席からは大歓声が沸き起こったという。



ある日、ライブが終わると観客の一人がビルに歩みより「ブルーリッジ山脈はどこにあるか、ご存知かな?」と訊いた。
ビルが「どういうことか?」と問うと…“Almost heaven, West Virginia. Blue Ridge Mountains, Shenandoah river”と歌われるブルーリッジ山脈は、まったくウェストバージニア州を通っておらず、シェナンドー川もわずかに同州にかかるだけで、そのほとんどは隣のバージニア州を流れていることを知らされたのだ。
実のところビルはウェストバージニアには行ったことがなく「これはウェストバージニアへ行く途中の風景を歌ったものなんだ」と苦し紛れに答えたという。
その後、ビルとタフィーの元にファンの夫婦が訪れ「私は主人と一緒にこの歌の風景のあるところに行きました。」と語りかけてきました。
彼らの話によると、ウェストバージニア州のハーパーズ・フェリーという町からブルーリッジ山脈が見え、シャナンドウ川が見えるのだという。
「この歌の通りに本当に天国のように美しい風景でした。」とその婦人は語り、それを聞いたビルとタフィーは「歌詞に嘘はなかった」と胸をなでおろしたというエピソードがある。
1970年の12月に完成した「カントリーロード」は、翌年の3月8日にジョン・デンバーの新曲として発売され、3月下旬にはヒットチャートに50位圏内にランクインし、7月にはトップテンに入り、8月にはミリオンセラーになるという快挙を果たす。
この大ヒットのお陰でジョン・デンバーはRCAとの契約を更新し、新たなる飛躍のチャンスを掴むこととなった。
そしてビルとタフィーもジョン・デンバーとツアー等に同行して、ミュージシャンとしてのキャリアを着実に重ねてゆくのである。
一通の手紙によってビルの心に浮かんだ“故郷への道”は、タフィーの協力とジョンのアイディアを加え、彼らを“成功への道”へと導いた。

カントリーロード 僕を連れていってよ
僕が育ったあの場所へ
ウェストバージニアの母なる山々へ
僕を連れていってよ カントリーロード


1997年10月12日、アメリカ国内ツアーを終えてカリフォルニアで休日を過ごしていたジョン・デンバーは、自ら操縦する飛行機の墜落事故により突然この世を去る。53歳だった。
こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。




【山部“YAMAZEN”善次郎×佐々木モトアキ ダブルネーム弾き語りTOUR
“ちょっと長い関係の歌旅2021”】

2月20日(土)福岡 Bassic.  
2月21日(日)札幌 Beggars Harlem 
2月27日(土)新潟 Live Bar Mush
2月28日(日)下北沢 Laguna(限定20名入場可+配信ライブ)
3月12日(金)久留米 農と音
3月13日(土)熊本・八代 7th chord 
3月14日(日)大牟田 陽炎
3月16日(火)行橋 Memphis
3月18日(木)東広島 pasta amare  
3月19日(金)大阪 新世界ヤンチャーズ
3月20日(土)静岡・御前崎 Cook House椿
3月21日(日)名古屋 ROLLINGMAN
4月2日(金)仙台 ホームラン酒場  
4月3日(土)山形 ヱレキ酒場オリハント 
4月4日(日)秋田 カウンターアクション 
4月8日(木)長崎 R-10 
4月10日(土)和歌山 OLD TIME
4月11日(日)所沢 音楽喫茶モジョ 
4月12日(月)横浜 Bar Take’s
4月15日(木)小郡 ジラソーレ〜8周年記念スペシャルライブ〜
4月16日(金)愛媛 スタジオOWL
4月17日(土)徳島 デラシネ
4月18日(日)高知 A’bar
4月21日(水)福岡 Bassic.(限定15名入場可+配信ライブ+TOUR総括スペシャルトーク&スライドショー)
↓チケットご予約&公演詳細はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12634659162.html




【佐々木モトアキ独り唄いTOUR“歌ものがたり2021”春夏】
5月1日(土)岡山Desperado 
5月2日(日)島根(出雲)Bar Soul  
5月3日(月・祝)鳥取(米子)シンワンメイク
5月4日(火・祝)昼-鳥取(米子)スナックCandy  
5月4日(火・祝)夜-鳥取(米子)LiveたちQ赤ラベル
5月8日(土)山口(下関)T-Gumbo 
5月9日(日)福岡(みやま)柿原酒店 
5月16日(日)茨城(水戸)音食座敷 開化亭
5月22日(土)青森Be on cafe 222  
5月23日(日)盛岡FEELGOOD 
5月28日(金)京都 夜想
5月29日(土)兵庫(宝塚)IL grazie
5月30(日)八幡DELSOL café
6月5日(土)広島OK鉄板
6月6日(日)佐賀LIVE BAR雷神 
6月12日(土)埼玉(新座)エアストリームカフェ
6月13日(日)新潟(三条)Gallery Bar Veronica 
6月25日(金)群馬(前橋)Cool Fool 
6月26日(土)東京(高円寺)MOONSTOMP
6月27日(日)埼玉(川越)大黒屋食堂  
7月3日(土)田川Diamond Moon
7月4日(日)行橋Rock ‘n Roll Bar Memphis 
7月6日(火)福岡(薬院)遊来友楽 
7月10日(土)熊本(八代)bar 7th chord
7月11日(日)山口(柳井)みんなの広場 Live Village 
7月16日(金)蒲郡Chot Bar VOODOO LOUNGE
7月17日(土)名古屋 喫茶ニューポピー 
7月18日(日)浜松(弁天島)LIVE & DISCOマルガリータ 
7月24日(土)群馬(渋川)Casa Midori 
7月30日(金)岩手(宮古)カントリーズcafe
7月31日(土)岩手(二戸)HOUSE OF PICNIC 
8月1日(日)秋田(能代)ハックルベリー 
8月3日(火)小郡 ジラソーレ 
8月7日(土)群馬(下仁田)otenki食堂
8月21日(土)久留米 農と音
8月22日(日)山口(萩)玉ネギ畑  
8月23日(月)東広島pasta amare
8月27日(金)福岡 Bassic. 
8月28日(土)LIVE BAR雷神
8月29日(日)大牟田 陽炎
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12660274732.html



新作ミニアルバム『You』のタイトルナンバー「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post カントリーロード〜70年代のアメリカを代表する大ヒットソングの誕生秘話 appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました