二人の友情〜ジョン・レノンの名盤『Rock ’n’Roll』の選曲にミック・ジャガーも関わっていた!?

未分類
この記事は約7分で読めます。
Pocket

1960年代、イギリスで誕生したビートルズとローリングストーングは人気を二分しながらもよきライバル関係でもあった。
ミック・ジャガーはジョン・レノンと初めて会った時に、とても謙虚さを感じたことを憶えているという。

「1963年、俺達はまだレコードを作る前で、何者でもなかった。当時、彼らはすでに超大物だった。ミュージシャンというだけじゃなく、まるでアイドルのようでね。確か革のコートを着てたよ。そう、俺達にはまだ買えなかった革のコートをね。」


その年の出来事だった。
結成してまだ間もないローリングストーンズがリッチモンドのクラブでR&Bやブルース、そしてチャック・ベリーの楽曲を中心に演奏していたある夜に(革のトレンチコートを着た)ビートルズのメンバーが突然現れて観客の傍らに立っていたという。
ミックはステージ上で彼らの存在に気がついてはいたものの、目を合わせることはしなかった。
ステージ後に、関係者から互いのメンバーを紹介される。
ミックはジョンと初めて交わした言葉を憶えていた。
ミック

「君がハーモニカを吹いているんだよね?」


ジョン

「いや、僕は君らのようには吹けないよ。吸って吹くだけ。僕達はブルースはたいしてできないんだ。」


それが初めて出会いだった。
以降、ビートルズはストーンズの演奏を聴きにやってきたという。
とくにジョンは他のメンバーよりも頻繁に現れた。
ストーンズも人気者になり始め、少しずつ距離を近めていく両バンド。





ある夜、ジョージ・ハリスンがミックに向かってビートルズがストーンズよりいかに多くのレコードを売っているか熱弁をふるった。
ミックはその時のことを鮮明に憶えていた。

「確かにそれは疑いようのない事実だったよ。ジョージはとてもそのことを強調したがっていたんだ。」


その時、ジョージの隣りにいたジョンがミックにこんな一言をかけてきたという。

「ジョージのことは気にすんなよ。こいつレコードが売れていることがまだ嬉しくてしかたないんだ。」


ミックはこのことをきっかけにジョンに好意を抱くようになった。

「俺はジョンが大好きだったよ。ビートルズのメンバーの中で一番気の合った男だった。大の親友ってわけじゃないけど、いつもフレンドリーだったよ。でもビートルズもストーンズもクラブで演奏をするのをやめると、お互いにあまり合わなくなったんだ。」


以降は、両者共にツアーやレコーディングに追われる日々となる。
当時、ブライアン・ジョーンズがビートルズに対してライバル意識が強く、何かというと競い合う関係となっていった。
時は流れ…ブライアンがこの世を去り、ビートルズも解散し、ジョンが最初にオノ・ヨーコと別居しはじめるまでは、ミックとジョンはあまり会わなかったという。
そして1974年以降、二人はこれまで以上に親しくなった。
たいていはニューヨークやロング・アイランドのモントークの別荘で会った。

「モントークではジョンは俺のところに泊まった。愉快な時間を過ごしたものさ。ひどく酔っぱらってヨットの上でギターを弾いたりね。」

「確かジョンがソロアルバム『Rock ‘n’ Roll』のレコーディングの準備をしていた頃で、ジョンが俺に何を選曲すべきか訊いてきたんだ。そこで二人でオールディーズの曲すべてに目を通して、彼が気に入ったものをチョイスしていったのを憶えているよ。」





この時期、ジョンはミックの曲「Too Many Cooks (Spoil the Soup)」をプロデュースする。
ファンの間では“幻の曲”と言われていたその歌は、長い時を経て2007年発表のミックのソロアルバム『The Very Best of Mick Jagger』に収録された。


その後、ジョンはヨーコのもとに戻ると1975年に誕生した次男・ショーンの子育てに専念にするため音楽活動を休止する。
ミックはジョンの近所に住んではいたのだが、ヨーコがミックのことを“悪影響”と考えたのか?再び二人は会わなくなった。

「一度か二度、彼らが暮していたダコタ訪ねたこともあるよ。“誰にも会いたくないのはわかるけど、もしも会いたくなったら電話をしてくれ”と書いたメモを残したんだけど…電話はなかったよ。」


<引用元・参考文献『メモリーズ・オブ・ジョン』/編者:オノ・ヨーコ/翻訳監修:斉藤早苗/翻訳:シクロス・サナエ(イースト・プレス)>
こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。




【佐々木モトアキ独り唄いTOUR“歌ものがたり2021”春夏】
5月1日(土)岡山Desperado 
5月2日(日)島根(出雲)Bar Soul  
5月3日(月・祝)鳥取(米子)シンワンメイク
5月4日(火・祝)昼-鳥取(米子)スナックCandy  
5月4日(火・祝)夜-鳥取(米子)押口ガレージ
5月8日(土)山口(下関)T-Gumbo 
5月9日(日)福岡(みやま)柿原酒店 
5月16日(日)茨城(水戸)音食座敷 開化亭
5月22日(土)青森Be on cafe 222  
5月23日(日)盛岡FEELGOOD 
5月28日(金)京都 夜想
5月29日(土)兵庫(宝塚)IL grazie
5月30(日)八幡DELSOL café
6月5日(土)広島OK鉄板
6月6日(日)佐賀LIVE BAR雷神 
6月12日(土)埼玉(新座)エアストリームカフェ
6月13日(日)新潟(三条)Gallery Bar Veronica 
6月25日(金)群馬(前橋)Cool Fool 
6月26日(土)東京(高円寺)MOONSTOMP
6月27日(日)埼玉(川越)大黒屋食堂  
7月3日(土)田川Diamond Moon
7月4日(日)行橋Rock ‘n Roll Bar Memphis 
7月6日(火)福岡(薬院)遊来友楽 
7月10日(土)熊本(八代)bar 7th chord
7月11日(日)山口(柳井)みんなの広場 Live Village 
7月16日(金)蒲郡Chot Bar VOODOO LOUNGE
7月17日(土)名古屋 喫茶ニューポピー 
7月18日(日)浜松(弁天島)LIVE & DISCOマルガリータ 
7月24日(土)群馬(渋川)Casa Midori 
7月29日(木)仙台 ホームラン酒場
7月30日(金)岩手(宮古)カントリーズcafe
7月31日(土)岩手(二戸)HOUSE OF PICNIC 
8月1日(日)秋田(能代)ハックルベリー 
8月3日(火)小郡 ジラソーレ 
8月7日(土)群馬(下仁田)otenki食堂
8月21日(土)久留米 農と音
8月22日(日)山口(萩)玉ネギ畑  
8月23日(月)東広島pasta amare
8月27日(金)福岡 Bassic. 
8月28日(土)LIVE BAR雷神
8月29日(日)大牟田 陽炎
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12660274732.html



新作ミニアルバム『You』のタイトルナンバー「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post 二人の友情〜ジョン・レノンの名盤『Rock ’n’Roll』の選曲にミック・ジャガーも関わっていた!? appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました