ジョシュ・ホワイトを偲んで〜運命を変えた“1つ”のミートボール

この記事は約6分で読めます。
Pocket

1969年9月6日、ニューヨーク州ナッソー郡マンハセットにあるノース・ショア病院でジョシュ・ホワイトが亡くなった。享年55。
心臓弁置換手術の最中に、手術台の上で息を引き取ったという。
晩年、心臓疾患に悩まされていた彼は、この日、3度目の手術を受けていた。
ニューヨークを本拠地にしていた彼は、シンガーソングライター、ギタリスト、俳優、社会活動家として活躍した多才なアーティストだった。
1950年代終盤から60年代初頭にかけてブームとなったフォークリヴァイヴァルで、白人層の心を掴んだ黒人歌手として知られている。
ブルース、ゴスペル、ジャズ、フォーク、プロテストソングと、幅広いジャンルの曲を歌う彼を、エルヴィス・プレスリーやボブ・ディラン、PP&M、キングストン・トリオ、そしてトレイシー・チャップマンと世代を超えた様々なアーティストたちがリスペクトしてきた。


もし俺が死んだら 足にはお洒落な紐靴を履かせてくれないか
黒いコートとカウボーイハットもだ
時計の鎖には金ピカのやつで頼むぜ
そうすれば みんな俺が立派に生きてたと思うだろうから…


1914年、サウス・キャロライナ州グリーンヴィルで生まれた彼は、幼い時から“盲目のブルース歌手”として知られたブラインド・レモン・ジェファーソンやブラインド・ブレイクの身の回りの世話をしながらレパートリとギターの演奏技術を学んだという。
1929年、15歳で単身ニューヨークに出た彼は、“アーバンブルース界最初の巨匠”リロイ・カーや、12弦ギターの名手レッドベリーが率いるバンドのギタリストとなる。
1930年代は、グリニッチ・ビレッジのクラブなどで弾き語りをしながら生計を立てていた。
そんな彼に転機が訪れたのは1944年、(当時30歳)のことだった。
作曲家ルー・シンガーと、永遠の名バラード「Unchained Melody」で知られる作詞家ハイ・ザレットが手掛けた「One Meat Ball」という曲を歌い、ミリオンセラーを記録する。





後にフランク・シナトラやビング・クロスビーなどの大御所ジャズ歌手や、ライ・クーダーがカヴァーすることによって“知る人ぞ知る”名曲として愛され続けることとなった「One Meat Ball」。
ユニークな歌詞を持つこの曲には元歌があるという。
ジョッシュ・ホワイトが「One Meat Ball」をヒットさせた年からさかのぼること約90年…
1855年、アメリカで学生向けの唱歌として「The Lone Fish Ball(魚肉ボール1個)」という曲が出版された。


歌詞には、一つの魚肉ボールをめぐって哀れな男が繰り広げる物語が描かれている。
これらの歌詞の時代背景には、世界恐慌があったという。
まず世界初の世界恐慌と言えば…クリミア戦争が終結した時に穀物価格が急落したことによって起こった1850年代の恐慌である。
そう、まさに“魚肉ボール”の歌の時代と重なっている。
そして、15歳のジョッシュ・ホワイトがギター1本抱えて夢を膨らませ辿り着いた1929年のニューヨーク。
この年の10月24日の午前10時25分、ニューヨークの株式市場にてゼネラルモーターズの株価が80セント下落したこときっかけに大暴落が巻き起こる。
わかっているだけでも株式関係者11名が自殺をし、この日をきっかけにアメリカの株価は下がり続け、やがて景気悪化は世界へと広がっていくこととなった。
こちらもやはり“ミートボール”の時代と重なっている。
メロディーは別物だが、歌詞は大筋“魚肉ボール”のストーリーを踏襲して作られた“ミードボール”の歌。
貧しい時代を生き抜き、歌い続けたジョッシュ・ホワイト。
彼が30歳にしてようやく掴んだ“1つ”の成功こそがミートボールの歌だった。
そこにパンはつかなくとも、彼の運命を変えた“1つ”だったことには違いない。

小柄な男が道を行ったり来たり
町で見つけた小さな食堂
貰ったメニューに隅から隅まで目を通す
なけなしの15セントで何が食べれるか…
ミートボールを1つだけ
ミートボール1つだけ
注文出来るのはミートボールを1つだけ


こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。


【佐々木モトアキ独り唄いTOUR“歌ものがたり2021”秋冬】
9月11日(土)金沢JealousGuy
9月12日(日)富山(高岡)GOOD FELLOWS
9月17日(金)北海道(恵庭)Mojo Hand
9月18日(土)北海道(札幌)SALINAS
9月19日(日)北海道(苫小牧)M’s Garden
9月20日(月・祝)北海道(旭川)Live Snack &.
9月22日(水)北海道(札幌)LOG  
10月2日(土)茨城(古河)三和ふるさとの森
10月3日(日)新潟Live Bar Mush
10月8日(金)東広島pasta amare
10月9日(土)山口(下関)T-Gumbo
10月10日(日)福岡(雑餉隈)@-yaya GARAGE
10月16日(土)茨城(古河)Live studio音出事
10月23日(土)吉祥寺Rock Joint GB
10月30日(土)福岡Public Bar Bassic.
10月31日(日)熊本(八代)bar 7th chord
11月3日(水・祝)行橋Rock ‘n Roll Bar Memphis
11月7日(日)徳島 デラシネ
11月12日(金)小倉Bar Disa
11月13日(土)広島OK鉄板
11月14日(日)大分(宇佐)音小屋REBOOT
11月19日(金)仙台 ホームラン酒場
11月20日(土)二戸FREED
11月21日(日)八戸FLAT 
11月22日(月)青森 Be on space222トラスト
11月23日(火・祝)秋田カウンターアクション
11月27日(土)下北沢ニュー風知空知
12月3日(金)名古屋ローリングマン
12月4日(土)岡山Desperado
12月5日(日)大阪 大きな輪
12月11日(土)福岡NIKAI 
12月12日(日)大牟田 陽炎
12月18日(土)所沢 MOJO
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12692844619.html



新作ミニアルバム『You』のタイトルナンバー「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post ジョシュ・ホワイトを偲んで〜運命を変えた“1つ”のミートボール appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました