冬のリヴィエラ〜大滝詠一&松本隆という名コンビが生み出した“異色のヒットソング”の誕生秘話

この記事は約6分で読めます。
Pocket


彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ
今ならホテルで寝ているはずさ
泣いたら窓辺のラジオをつけて
陽気な唄でも聴かせてやれよ


イタリア語で海岸を意味する“リヴィエラ”を舞台に、何とも切ない大人の歌物語が描かれた名曲である。
一般的にリヴィエラというとイタリア北西の海岸沿いを指すという。
この「冬のリヴィエラ」は森進一のシングル曲として1982年11月リリースされ、サントリーのウインターギフトのタイアップソングとして幅広い世代に愛された“冬ソング”である。
森にとっては1974年に発表した「北航路」以来、実に9年ぶりのオリコントップ10入りを果たしたヒットソングとなった。
作曲は大滝詠一、そして作詞は松本隆という名コンビによるもの。
日本語によるロック・ポップスの礎を築いたとされる伝説のグループはっぴいえんどが1972年に解散した後、大瀧は新たな創作活動に邁進し、松本は売れっ子作詞家として頭角を現していた。
この歌がヒットする前年(1981年)に、大瀧は松本がほぼ全曲作詞を手がけたソロアルバム『A LONG VACATION』(愛称:ロンバケ)を発表し、日本のポップス史に金字塔を打ち立てている。
同年、大ヒットを記録した松田聖子の「風立ちぬ」もこのコンビが手掛けたものだった。
そんな二人が紡いだ歌なだけに、唄い手が演歌スターであっても“大滝サウンド”全開の60年代アメリカンポップ風の曲となっている。
二人に曲を依頼した森のレコード会社は“異色の組み合わせ”を狙ってのことだったという。
「森進一に演歌とは全く違うロンバケの世界観を歌わせたい!」
当時、大瀧は作詞を自分で手掛ける時は曲を先に完成させ、人に作詞を任せる際には歌詞が先で後から曲をつけていたという。
「先に好きなように歌詞をつくっていいよ。」
松本はあるインタビューで当時のことをこんな風に振り返っている。
「もし演歌を、という注文だったら引き受けなかったな。僕は演歌を聴いて育ってないので言葉の選び方がわからなくて。でもサルヴァトール・アダモの“雪が降る”のような大人のポップスを、演歌の人が歌うのだったらありえると思ったんです。例えばアダモからもしも作詞の依頼を受けたら…とイメージして作ってみました。」
意識したのはロンバケの中の一曲「カナリア諸島にて」だったという。
松本はそこで描いた大西洋上の島から、実際に旅したイタリア北西部(地中海沿岸のリゾート地)へと舞台を移し、再び恋の終わりの物語を綴った。

上手にかくした旅行鞄に
外した指輪と酒の小壜さ


特にこだわったのは2番に登場するこのフレーズだった。
別れを決めた男と、その気配を感じ取った女とのドラマを絶妙に描いてみせたのだ。

皮のコートのボタンひとつ
とれかけて サマにならない


生前、大瀧もあるインタビューで松本が仕上げてきたこの歌詞についてこんなことを語っている。
「もう完璧に世界ができちゃってました(笑)歌詞のイメージにあわせて曲作りをしていくうちに…イギリスのベテラン歌手マット・モンローの“Walk Away”に似てきたんです(笑)」



松本はこの曲で日本作詩大賞を初受賞する。
曲のヒットから31年が経った冬の日、大瀧はこの世を去る。
2013年12月30日、65歳での急逝だった。
悲しみの中にいた森進一は、ある音楽番組に出演した際に、こんなコメントを口にして歌を披露した。
「今も私にとって宝物のような一曲です。大瀧さんに届きますよう、心を込めて歌わせていただきます。」
<引用元・参考文献『朝日新聞デジタル』>
こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。



『山部“YAMAZEN”善次郎×佐々木モトアキ ダブルネーム弾き語りTOUR “ちょっと長い関係の歌旅2022”】


1月15日(土)八幡DELSOL café
1月22日(土)福岡ROCK食堂(昼公演)
1月22日(土)福岡ROCK食堂2階Honey Bee(夜公演)
1月23日(日)行橋Rock ‘n Roll Bar Memphis 
1月28日(金)東広島pasta amare 
1月29日(土)大阪 新世界ヤンチャーズ
1月30日(日)和歌山OLD TIME
2月5日(土)久留米 農と音2号店 
2月6日(日)佐賀 雷神 
2月18日(金)横浜THUMBS UP
2月19日(土)静岡・御前崎Cook House椿
2月20日(日)名古屋ROLLINGMAN
2月22日(火)金沢JealousGuy
2月23日(水・祝)新潟Mush
3月4日(金)沖縄・コザ CROSSOVER CAFE’ 614
3月5日(土)沖縄・那覇Drunk CINDERELLA
3月6日(日)沖縄・宮古島 雅歌小屋
3月19日(土)下北沢ニュー風知空知
3月20日(日)茨城・水戸Jazz Bar Bluemoods
3月21日(月・祝)埼玉・所沢MOJO
3月25日(金)広島LIVE café Jive
3月26日(土)岡山Desperado
3月27日(日)徳島Music Bar Ricky
4月15日(金)小郡ジラソーレ
4月16日(土)熊本八代7th chord 
4月17日(日)大牟田 陽炎
4月21日(木)仙台HIGHBURY
4月22日(金)福島Harvest
4月23日(土)岩手・二戸 HOUSE OF PICNIC 
4月24日(日)秋田・湯沢BASEMENT
4月30日(土)福岡Bassic.(ライブ&スペシャルスライドショー)
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12713121312.html

【歌ものがたり2022春〜雨ニモマケズ風ニモマケズ】


1月16日(日)長崎・思案橋ブラックリスト
2月8日(火)福岡・大牟田キャラクターBAR
2月12日(土)東京・高円寺MOONSTOMP   
2月13日(土)埼玉・川越 大黒屋食堂  
2月26日(土)福岡・薬院 遊来友楽 
2月27日(日)北九州・黒崎 居酒屋 中村屋
3月12日(土)群馬・前橋 呑竜横丁  ※詳細未定
4月2日(土)兵庫・宝塚 ※会場・詳細未定
4月3日(日)京都・四条大宮高辻 夜想 ※詳細未定
4月9日(土)茨城・古河LIVESTATION ”L” ※詳細未定
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12714724886.html



佐々木モトアキの楽曲「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post 冬のリヴィエラ〜大滝詠一&松本隆という名コンビが生み出した“異色のヒットソング”の誕生秘話 appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました