ジョン・リー・フッカーを偲んで〜“ブギの王様”と呼ばれたブルースマンの足跡と功績

この記事は約6分で読めます。
Pocket

2001年6月21日、“キング・オブ・ブギ”の名で親しまれたブルースマン、ジョン・リー・フッカー(享年80)がカリフォルニア州サンフランシスコ近郊ロス・アルトスの自宅で就寝中に死去した。
死因は老衰・自然死とされている。



彼の活動歴は半世紀にもおよび、そのギター奏法と歌声はブルース〜ロック界へ多大な影響・功績を残している。
彼が生まれ育ったミシシッピ州クラークスデイルは、ブルース発祥の地として知られる場所である。
バプティスト協会の司祭で農業も営んでいた父親の11番目の末っ子として生まれた彼は、幼い頃から霊歌(スピリチュアル)を歌っていた。
家は貧しく、信仰心の厚い両親から神を敬うように教わって育った。
彼が9歳の時に両親が離婚。
母親の再婚相手となったブルースギタリスト、ウィリアム・ムーアからギターの手ほどきを受けるようになる。
さらには、姉の紹介で会ったブルースマン、トニー・ホリンズからギター練習の課題曲として「Crawlin’ King Snake」を聴かされ、彼はますますブルースにのめり込んでゆく。


14歳で家を出た彼は、生涯二度と故郷のクラークスデイルには戻らなかった。
叔母を頼ってテネシー州のメンフィスに辿り着いた彼は、生活のために昼間は働き、夜は酒場やクラブなどで演奏するようになる。
そして28歳の頃にデトロイトへと移り住み、第二次世界大戦中はフォード社の工場で仕事をするようになる。
そこで稼いだ金でエレクトリックギターを手に入れた彼は、デトロイトのイーストサイドにある数々のクラブで定期的に演奏を始める。

「デトロイトの近辺にある色んなナイトクラブで演奏していたよ。かなりいい仕事だった。当時のクラブで演るということは、いい飯のタネになるってことだった。色んな奴らが俺の演奏を聴きにきて“コイツ凄ぇ!”なんて言ってくれたよ。」


30歳を迎えた1948年にロサンゼルスのモダンレコードからリリースした「Boogie Chillen’」が、いきなりのミリオンセラーを記録する。
同曲はR&Bシングルチャートで首位を獲得し、彼は本格的に音楽キャリアをスタートさせる。





続いて同年にリリースした「Hobo Blues」もヒットし、彼は一気に知名度を上げてゆく。
一躍“名の知れたブルースマン”の仲間入りを果たした彼は(契約上の問題をクリアするために)キング、チャンス、ゴサムなど他のレコード会社でも別名を使ってレコーディングをするようになる。
「テキサス・スリム」「デルタ・ジョン」「ジョニー・ウィリアムズ」「ジョン・リー・ブッカー」など様々なレコードに彼の別名がクレジットされたという。
その後、1951年には「I’m In The Mood」で再びR&Bシングルチャートの首位を獲得。1955年頃から新進レーベルとして勢いのあったVee-Jayレコードと契約し、白人層にも知られるようになってゆく。
1970年代以降はカルフォルニア州に移り住み、ライ・クーダー、ジョニー・ウィンター、キース・リチャーズ、ヴァン・モリソン、マイルス・デイヴィス、ピート・タウンゼント、カルロス・サンタナ、ボニー・レイット、ロス・ロボスなどなど、ジャンルを超えた様々なミュージシャンとの交流を深めていった…
こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。




【佐々木モトアキ×Keith “唄うたいと雷神”】
6月18日(土)金沢JealousGuy
6月19日(日)富山・高岡GOOD FELLOWS
6月25日(土)高円寺MOONSTOMP
7月22日(金)青森Be on café 222
7月23日(土)岩手・二戸 HOUSE OF PICNIC 
7月24日(日)秋田Yuki’s Hookah Bar(昼公演)
7月24日(日)秋田Yuki’s Hookah Bar(夜公演)
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12733597546.html

【歌ものがたり2022 雨ニモマケズ風ニモマケズ】


7月2日(土)北九州・黒崎 居酒屋 中村屋
7月3日(日)大分・宇佐 音小屋REBOOT
7月8日(金)福岡Bassic Rock Fes. 2022前夜祭@graf
7月9日(土)佐賀 雷神 
7月10日(日)長崎 タンゲ食堂
7月16日(土)米子Music Bar Hana Hana
7月17日(日)鳥取LOVE FLASH FEVER
7月18日(月・祝)松江B1
7月30日(土)静岡・御前崎Cook House椿
7月31日(日)愛知県・東海市Funky LIVE Dinerダイナマイト
8月6日(土)東京(調布市)柴崎RATHOLE
8月7日(日)埼玉・新所沢LAD COMPANY 
8月19日(金)徳島SOUND SPACE FUN
8月20日(土)徳島Music Bar Ricky 
8月21日(日)倉敷 下津井スタイラス
8月26日(金)東広島(西条)HOTEL VAN CORNELL屋上
8月27日(土)久留米 農と音2号店
8月28日(日)大牟田 陽炎
9月17日(土)京都LIVE&SALON夜想
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12733736025.html



佐々木モトアキの楽曲「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post ジョン・リー・フッカーを偲んで〜“ブギの王様”と呼ばれたブルースマンの足跡と功績 appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました