サン・トワ・マミー〜日本人にも愛されたシャンソンの名曲にまつわるいくつかのエピソード

この記事は約7分で読めます。
Pocket


僕の愛しい人、君なしでは時の流れはとても重苦しく
時間も日々も希望のないまま憂鬱に過ぎゆく
僕の愛しい人、君なしでは…
僕の愛しい人、君がいないと僕はあてどもなく彷徨う
僕は途方に暮れて彷徨うよ…真っ黒な空の下


誰もが一度は耳にしたことがあるだろうメランコリックで親しみやすいメロディー。
この「サン・トワ・マミー(Sans Toi M’amie)」は、ベルギーの歌手サルヴァトール・アダモの代表曲の一つ。
※翻訳者の解釈によっては「サン・トワ・マ・ミー」と表記される場合もある 
作詞作曲ともに「雪が降る(Tombe la Neige)」「ろくでなし(Mauvais Garcon)」などのヒット曲と同じくアダモ自身が手がけたもの。
彼がまだ19歳だった1962年に発表されて以来、シャンソンの名曲として人々に愛されつづけてきた歌だ。
歌詞の内容は、アダモ自身の経験がベースになっているらしく「もう一度チャンスをくれないか」と、失恋してもあきらめられない恋人に対する切ない気持ちが描かれている。
日本では越路吹雪が歌唱した岩谷時子による日本語詞が広く親しまれている。
東京オリンピックが開催された1964年に越路(当時40歳)が発表したシングル盤には“愛しているのに”というサブタイトルが付けられていた。
越路はこの歌を自身のリサイタルやステージなどで必ず披露し、「愛の讃歌」や「ラストダンスは私に」などと共に“十八番”として晩年まで唄いつづけたという。
岩谷による訳詞では、越路が歌唱するにあたって主人公を女性に置き換えた大人の女性の恋の歌になっており、アダモ自身の若き日の失恋を描いた原詞と比べると、かなり意訳されたものになっている。



ところで、このフランス語タイトルの“Sans Toi M’amie”とはどんな意味なのだろう?
Sansは英語でいうWithout。
ToiはYou。
M’amieはHoneyやBabyやSweetieと同義語だという。
つまりは「僕の愛しい人よ(honey)、君なしでは(Without you)」という解釈が一般的とされている。
19歳にしてこの名曲を書き上げたアダモはどんな生い立ちを持つ歌手なのだろう?
彼は1943年11月1日、イタリアのシチリア島で炭坑夫の長男として生まれた。
彼が4歳になる年に一家はフランス国境に近いベルギーの炭坑町に移住する。
祖父からギターをもらい、14歳から作詞作曲を始める。
15歳で民放ラジオのコンクールに優勝し歌手になる決心を固める。
そして18歳を迎える年にしてフィリップスレコードからデビューするも不発に終わる。
翌年になってポリドールからリリースした曲も売れず、起死回生を賭けてEMI傘下のレコード会社に移籍し「ブルー・ジーンと皮ジャンパー(En Blue Jeans Et Blouson D’Cuir)」を発表するが…大衆はまだ彼の才能に気づくことはなかった。


歌手への夢をあきらめきれない彼は「もう一度チャンスをくれないか」と信頼を失った恋人に対して切望するように…同年の11月にこの「サン・トワ・マミー」を発表する。
同曲は、年をまたいだ翌1963年の初春からヒットチャートを駆け上り大ヒットを記録する。
一躍ベルギーやフランスで国民的歌手となった彼は、その後も自作曲を立て続けにヒットさせ“シャンソン界の貴公子”と呼ばれるようになる。
1965年、若干22歳にしてフランス音楽界の殿堂オランピア劇場で公演を成功させ、その人気を不動のものにする。
時は流れ…アダモが手掛けた数々の名曲を日本に広めた越路吹雪が亡くなったのが1980年(享年56)。
彼女の本葬にはアダモの姿もあったという。
岩谷はアダモに駆け寄り一言「メルシー(ありがとう)」と伝えた。
それまで多くのシャンソンを日本語に訳してきた岩谷だったが…意外にもその時アダモと交わした言葉が生まれて初めて口にしたフランス語だったという。
<引用元・参考文献『ロック&ポップス名曲徹底ガイド①』音楽出版社>
こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。



【歌ものがたり2022 雨ニモマケズ風ニモマケズ】


8月6日(土)東京(調布市)柴崎RATHOLE
8月7日(日)埼玉・新所沢LAD COMPANY 
8月19日(金)徳島SOUND SPACE FUN
8月20日(土)徳島Music Bar Ricky 
8月21日(日)倉敷 下津井スタイラス
8月22日(月)兵庫(伊丹) BAR BOILER ROOM
8月26日(金)東広島(西条)HOTEL VAN CORNELL屋上
8月27日(土)福岡(警固)呑処 岡ひろ
8月28日(日)大牟田 陽炎
9月3日(土)田川Diamond Moon
9月4日(日)行橋Rock ‘n Roll Bar Memphis
9月10日(土)米子MUSIC PUB海あに
9月17日(土)京都LIVE&SALON夜想
9月25日(日)久留米 八百屋カフェ農と音1号店
10月7日(金)兵庫(伊丹)HEAVEN`S KITCHEN伊丹昆陽店
10月8日(土)広島・呉Albatross
10月9日(日)岡山LIVE Cafe ペペの家
10月10日(月・祝)岡山Desperado(Bar side)
10月14日(金)唐津の海賊
10月15日(土)小倉Bar Disa
10月21日(金)八戸Bar FLAT
10月22日(土)能代ハックルベリー
10月23日(日)秋田カウンターアクション
10月29日(土)横浜Bar Brixton Market
10月30日(日)静岡・三島 ぐらBar’s
11月3日(木・祝)群馬・前橋 呑竜横丁 
11月22日(火)札幌SALINAS
11月23日(水)恵庭Mojo Hand 
12月2日(金)大阪 大きな輪
12日3日(土)和歌山OLD TIME
12月4日(日)広島Jammin’ bar
12月10日(土)福岡NIKAI
12月11日(日)北九州・黒崎 居酒屋 中村屋
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12733736025.html


【THE HUNDREDS 佐々木モトアキ×NOBUYAN’ Special Acoustic Live Tour 2022 “Only 2Men-6Days”】
9月18日(日)大阪 新世界ヤンチャーズ
9月19日(月・祝)名古屋 ROLLING MAN
9月22日(木)福岡 Bar KINGBEE
9月23日(金・祝)福岡 Bar KINGBEE
10月1日(土)新潟 Live Bar Mush
10月2日(日)仙台 Cafe de Lucille
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12748624898.html


【佐々木モトアキ×Keith “唄うたいと雷神” Autumn/Winter 2022 Japan Tour】
11月10日(木)大分・日田Chewing Gum
11月11日(金)佐賀 雷神 
11月12日(土)福岡・雑餉隈ZASSHO JAM
11月13日(日)熊本・八代7th chord
11月19日(土)札幌Log
11月20日(日)釧路 ガソリンアレイ
11月26日(土)高円寺MOONSTOMP
12月17日(土)埼玉・所沢MOJO
↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12751903088.html



佐々木モトアキの楽曲「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。


佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。
例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。
音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666
【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html
【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

The post サン・トワ・マミー〜日本人にも愛されたシャンソンの名曲にまつわるいくつかのエピソード appeared first on TAP the POP.

タイトルとURLをコピーしました