映画「王舎城の悲劇」:2600年前に起きた仏教史上最大の悲劇|予告編【チューリップ企画】

この記事は約1分で読めます。
Pocket

約2600年前、インドで最強を誇っていたのは、ビンバシャラ王の支配するマガダ国であった。
ビンバシャラ王は、大王として覇を四隣にふるっていた。
その妃はイダイケといい、艶麗花のような女性であったという。
夫妻は王舎城に住み、何不自由のない暮らしは、幸福そのものと思われていたが、他人には言えない悩みがあった。

ながらく、実子がなかったからである。

世の中には子供のないことを悩んでいる夫婦があるが、とくに権力者にとっては深刻な問題であるらしい。亡きあと権力をうばわれる無念さと、その報復を恐れるからであろう。

威勢を誇るビンバシャラ王夫妻も、寄る年波に前途を思いめぐらせると、心中の不安はひととおりではなかった。悩んだ結果、最高権力者も、占い師にすがるしかなかった。不安はつねに、人を迷わせる元である。

これが悲劇の始まりであった……。

アニメ映画『王舎城の悲劇』は、全国各地の公共施設で上映会を開催しています。
上映会についての情報は、下記のサイトをご覧ください。
http://shinran-anime.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました